相模風っ子トレイルランニング実行委員会 委員長より

Publided2019.06.05

第10回さがみ風っ子トレイルランニングへ参加された皆様へ

第10回さがみ風っ子トレイルランニングへ参加いただき誠にありがとうございました。今大会は「さあ!夢を乗せて駆け抜けよう!」をテーマに掲げ、10年目の記念大会として開催させていただきました。

風っ子トレランは「親子の絆」「仲間との絆」の再発見を目的としているため、2名以上のチームでエントリーし、チーム全員で手を繋いでゴールをするという競技ルールがあるのが特徴になっています。共に走る仲間のことを、時には引っ張り、時には支え、時には励まし合い、共に頑張りあえた仲間の健闘をお互いが称えあうことができる、とてもユニークなレースです。

今大会は、これまでの「ロングコース」・「ショートコース」に加え、新たに「ミドルコース」を新設し、コースバリエーションを増やしました。また風っ子トレランのコースを個人で走り自分の力を試したいというランナーの声に応え、昨年から復活した「気合いの部」も、好評につき今年も競技種目としました。

 
今年は、天候にも恵まれ、曇り空で暑くならず、ランナーにとっては走りやすかったのではないでしょうか。スタート前のこれから始まるレースに対するワクワクした緊張感ある表情、山のコースの中、汗を光らせながら躍動する姿、そしてゴールへ到達したときの達成感、充実感を満面の笑顔で、その喜びを表現している様は本当に素敵で、みんなキラキラと輝いていました。

 
また、会場には「相模原の魅力発見」をテーマにした飲食店や体験ブースなど、様々な出店ブースもとても賑わっていて、この大会を更に盛り上げてくれていました。
お陰様で、ランナーの方で熱中症や怪我などもなく、全員が無事に完走されたことが何よりも嬉しく感じます。

 
第11回大会も更に進化した風っ子トレランの開催を予定していますので、多くの皆様のご参加を主催者一同心よりお待ちしております。

 
最後になりますが、大会を開催するにあたり、地元川尻財産区、中沢財産区、地元の自治会、城山商工会、城山観光協会、行政関係の多くの方々のご理解、ご協力を賜りましたこと深く感謝申し上げます。

 

 
さがみ風っ子トレイルランニング実行委員会
委員長 塚原祐太